ネットでカードローン

ネットでカードローンを使ってお金を借りる

カードローンやキャッシングの申し込みは、一昔前までは窓口まで行き申し込むというのが主流でした。しかし時代の流れと共にパソコンからでも申し込みが可能になり、現在ではネットやスマートフォンからの申し込みも可能になっています。

 

パソコンでの申し込みと違う点は、いつでも何処でも好きな時間に申し込みが可能になったということでしょう。パソコンの場合、必ず自宅かパソコンが設置してある場所からしか申し込みが出来なかったわけですが、スマホの場合外出先でも、出張先でも、カフェでくつろぎながらでも、カードローンの申し込みが可能になるわけです。

 

必要だと思ったときにすぐに申し込みできるというのがスマホでの申し込みの最大のメリットでしょう。スマホの普及率に応じるように、金融業者もスマホ対応の申し込みページをどんどん開設していますし、身分証明書などの提出に関しても、スマホの専用アプリを利用して簡単に提出できるようになって来ています。

 

通常であれば郵送して提出するのが一般的でしたが、この場合書類が届いて確認が取れるまでにどうしても時間がかかるというデメリットがありました。

 

しかしアプリやメールを利用した提出方法が確立された現在は、そういったタイムラグが全く発生しないですし、郵便事故などで書類が紛失してしまうといったこともなくなりました。

 

スマホを利用した申し込み方法は、現在利用者をどんどん増やしていますし、スマホを常に持ち歩いている人にとっては、最も申し込みがし易い方法になりつつあることは間違いないでしょう。

 

業者によっては電話での会話も一切必要ないスマホ完結といったサービスや、Web完結といったサービスに力を入れているようですから、スマホからの申し込みがスタンダードになる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

申し込みから審査、利用開始に至るまで全てをスマホで行えますし、ネットバンキングを行う人であれば借り入れから返済までスマホで行うことが出来る為、何処にいても全ての事柄をスマホで管理できると言う点でも、スマホを使った申し込みは、利便性が高く便利な方法だと言えます。

銀行カードローンは、銀行が取り扱っている個人向けの無担保少額融資です。

 

似た内容の商品は、他の金融機関も行っていますが、それらとは異なった特徴を持っています。特に、大きな違いとなっているのは、総量規制の対象から外れているという事です。

 

総量規制は2010年に施行された貸金業法に含まれている規則であり、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者の個人向けカードローンを対象としています。

 

総量規制は、返済が困難となり自己破産などの債務整理を行ってしまう事を防ぐ事が施行された目的です。年収の3分の1以内に借入を制限するという内容であり、安易な目的での借り過ぎを減らすための規則です。銀行カードローンは、この規則により借入を制限される事は無いので、収入を自身では得ていない専用主婦でも利用する事が出来ます。

 

幅広い層に向けられた商品であるという事が、銀行カードローンの魅力です。

 

銀行カードローンが総量規制の対象から外れているのは、銀行法という違う法律により既に規制されている事と元々安易な貸し付けを行っていない金融機関であるという事が理由です。

 

審査は貸金業者の商品よりも厳しめであり、合否が判明するまでに時間を要するという傾向です。このために、今日中にお金がほしいというケースに対しては、対応する事が出来ない可能性があります。審査の難易度が高めで時間がかかるという事が、銀行カードローンのデメリットと言えます。

 

ただし、このデメリットは悪い事だけではありません。

 

それだけ慎重に利用者を選択する事になるので、魅力的な商品を提供する事が可能となるからです。銀行カードローンは、貸金業者の商品と比較すると金利は低めであり、同じ金額を同じ期間利用する場合は返済額は少なくなります。

 

つまり、急いでいる時よりも余裕がある状態で申し込むのに向いている商品内容と言えます。

 

専業主婦にもおすすめの銀行カードローンは、銀行ごとに異なった商品内容です。このために、お牛込む前の比較検討が必要であり、有効利用が可能となります。

カードローンやカードローンを利用すると、借りた金額に応じて金利というものが付加されます。これはお金を貸した業者の利益となるものですし、お金を借りたということに対する対価と考えても良いかもしれません。金利無しでお金を貸すと業者も会社を維持できませんから、金利の支払いは義務と言うことになります。

 

金利と言うものはお金を借りている間はずっとなくなることがありませんから、できるだけ早くお金を返せば金利を無駄に支払うこともなくなります。

 

通常であれば毎月決められた額を返済すれば良いのですが、返済の内訳を見てみると返済する元本に対して金利の率が非常に高いことに気づくのではないでしょうか。

 

例えば30万円借りて金利が15%程度、月々の返済が5000円の場合、その内の半分程度は金利の返済になっています。これは30万円に対する金利を支払っているわけで残高スライド返済と呼ばれる方式では当たり前のこととなっています。

 

要するに、返済が長引けば長引くほど金利を多く支払い元本は減らない仕組みとなっていると言えます。これを回避するには繰り上げ返済や一括返済で出来るだけ早く返済を終えるようにしたほうが良いと言えます。

 

ほとんどの消費者金融や銀行では繰上げ返済が可能になっているため、通常の決められた返済以外にいつでも自由に返済を行うことが出来ます。ですから返済に余裕がある場合には一度数万円返済してもかまわないと言うわけです。繰り上げ返済を行えば、支払う金利の額も少なくなりますし、元本を一気に減らすことも可能です。

 

一括返済に関し手は、現在借りているお金を一気に返済するわけですから、最も金利の支払いを少なく出来る返済方法だと言えるでしょう。

 

もちろん数十万円借りた場合には一度に返済することは難しいでしょうから、繰り上げ返済を上手に使えば、予定よりも早く返済を終えることが出来、金利の支払いも最小限に抑えることが可能になるのではないでしょうか。

カードローンを利用する際に、色々ある業者の中から一つを選び出すのはなかなか困難な作業ではないでしょうか。どのカードローンを見てもそれほど大きな違いが無いように感じるでしょうし、どこを利用すれば最もメリットがあるのか正直わかり辛いと思います。

 

カードローンを利用する際にポイントとなるのは、
即日利用できるのか、金利が高いのか安いのか、利用できる場所の3点ではないでしょうか。

 

まず即日利用できるかどうか、金利が高いか安いかは、一緒に考える必要があります。例えば、とにかく急いでお金が欲しい場合にとそれほど急いでお金が必要ない場合があるとします。

 

カードローン出来る業者が二つあり、片方はすぐお金を借りれて金利が高い、もう片方は借りるのに1週間程度かかって金利が安いとしましょう。

 

金利面だけ見ると、時間がかかってお金を借りれる業者のほうが無駄な支払いを抑えることが出来て一見メリットが高そうな気がします。しかしこれはお金を借りるまでの時間に余裕がある場合にメリットが発生するわけです。今すぐにでもお金が必要な人にとっては、いくら金利が安くても時間がかかるということが大きなデメリットになってしまいます。

 

逆にすぐにお金を借りれるけれど金利が高い業者の場合、お金がすぐに必要無い人からすると、ただ金利が高いだけと感じてしまうため、メリットが感じられません。

 

このように利用する状況によって、金利が高くてもメリットがある場合と、時間がかかってもメリットがある場合が考えられるわけです。

 

次にどこで利用できるかですが、これは最も重要なポイントです。

 

いくら即日融資出来ても金利が安くても、利用できるATMが近くに無ければ宝の持ち腐れです。最近のカードローンはコンビニのATMで利用できるものが増えていますから、利便性を考えるのであればコンビニ利用可能なカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

申し込む前に利用できる場所をしっかりと調べて申し込みを行うことをお勧めします。

カードローンで、初めて利用する場合にどのような流れで契約が進んでいくのか分からないのではないでしょうか。最近では申し込みできる方法が多様化しているため、余計に流れが分かりにくくなってきているようです。

 

しかし、ネットで申し込んでも無人契約機で申し込んでも、窓口で申し込んでも基本的な流れはほぼ同じだと言えます。まず、どのような申し込み方法でも基本的な情報を必ず申込用紙やHPの申し込み欄に記入する必要があります。

 

基本情報は、氏名、年齢、生年月日、住所、年収、勤務先などが主な記載内容となります。これを虚偽なく記載して申し込みを行うわけです。この時点で虚偽の記載があり、それが分かった場合、もちろん契約は不成立となります。

 

契約自体出来ないということです。

 

もしこの時点で虚偽の記載が分からないまま契約完了し、後日虚偽が発覚した場合には、借りていたお金の一括請求やさらに重い罰則を科せられる可能性がありますから、記載内容には十分注意してください。

 

申込書を記載したらすぐに仮審査にはいります。これは申し込んだ人が過去に金融トラブルなどが無いかを調べる審査です。もしも過去にブラックリストに掲載されていたり、自己破産などを行っていれば黙っていてもこの時点で分かります。

 

仮審査がクリアできれば、身分証明書や収入証明書を提出して本審査に入ります。申し込んだ金額が少額であれば、収入証明書は必要ない場合もありますし、審査もスムーズに進みます。

 

金額が大きければ収入証明書の提出が必須となり、審査にもそれなりの時間が必要になります。消費者金融での申し込みの場合、申し込んだ金額が年収の三分の一以上だと総量規制に引っ掛かり審査を通らない可能性があります。銀行の場合は総量規制の対象外なので、よほど問題なければ審査クリアできるのではないでしょうか。

 

全ての審査が完了すれば、契約成立となりカードローンを利用できるようになります。おおまかな流れはこのようになるので、それほど難しいと言うことはありません。

誰もが緊張してしまう初めてのカードローンですが、ポイントさえ抑えておけば初めてでも大丈夫です。初めての借り入れであっても即日融資を利用すればたったの一時間前後でお金を融資してもらえます。

 

まず、必要な物ですが最低限自分の身分証明書類を用意しておきましょう。
身分証明書類が無ければお金を借り入れできないのです。

 

免許証、保険証、パスポートなど。

 

借り入れ方法ですが、無人契約機、店頭、電話、ファックス、インターネットなどがあります。
インターネットの利用に慣れている人ならばインターネット契約が無難ですよ。

 

インターネットでカードローンと検索しましょう。沢山のカードローン機関が出てきますが、自分の利用用途に合った金融機関を選びましょう。どのカードローン機関を選べば良いのか分からない、という人は耳にした事のある大手会社を選ぶと無難です。

 

サイトに接続し、申し込みページへ。
申し込み事項を記入し、申し込みを完了させましょう。

 

その後自分の身分証明書類を送信するよう指示されますので、携帯カメラやスキャナを利用して画像化し、送信します。後は電話を待つだけ。

 

電話においては本人確認のためのやり取りがなされますので、はっきりと答えましょう。
電話が終了したら、メールで振込み完了のお知らせのメールが届きます。

 

銀行やATMに赴いてお金を引き出し、借り入れ完了です。

 

とっても簡単なカードローン、もし分からない点があればフリーダイヤルで尋ねましょう。

 

殆どのカードローン機関はフリーダイヤルでの質問を受け付けていますので遠慮無く疑問点を解消しておきましょう。無人契約機による契約や店頭契約ですと、カードが発行され銀行振り込みの手間が省けます。

 

その他にも女性に向けたサービスであるレディースカードローンや、期間限定金利が無料になる金利無料サービスにも注目を。初めての借り入れですと、そういったサービスにまで気が回りませんが時間があれば調べておくと便利ですよ。

モビットでは、申し込みから契約完了までを全てWEB上で行うことが可能な、WEB完結という申し込みを利用することが出来ます。

 

これは電話や窓口まで行く必要が無いだけでなく、在籍確認なども全てWEB上で行うことが可能なため、誰にもばれることなくカードローンの利用申し込みが出来るため、非常に便利なサービスだと言えます。

 

WEB完結を利用するためには、最低限準備しておく事柄が存在しており、それをクリアできていない場合にはWEB完結を利用できないため注意が必要です。

 

まず、本人の確認が出来る書類の準備です。

 

利用できるものは運転免許証かパスポートの写しだけとなっていますから、保険証などは利用できません。収入が証明できる書類の準備も必要です。これは源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書が対象となっています。給与明細書を利用する場合には、直近2ヶ月分の給与明細書が必要となります。

 

勤務先を特定するための書類も必須となります。健康保険証と給与明細書の2点の提出が必須となっていますから必ず準備する必要があります。給与明細書は直近1ヶ月分で大丈夫となっています。この2点が在籍確認の代わりとなるため、WEB完結が可能になっています。

 

基本的に提出する書類は以上となりますが、ここで最も重要になってくる項目があります。それは三井住友銀行、もしくは三井住友UFJ銀行の普通預金口座を持っていると言うことです。

 

これはモビットのカードローンを利用する場合の振替貸し付け、及び口座振替で返済する際の口座として、必ずどちらかの普通口座の保有が必要になるためです。

 

要するに、どちらかの口座の保有が無い場合、口座を作った上でWEB完結のサービスを申し込む必要があるということになります。

 

すべての条件が揃っていれば、モビットのWEB完結の申し込みが可能になり、パソコン上の申し込みだけで審査から利用開始までを全てWEBで完結させることが可能になります。少々ハードルが高いですが、口座を持っている人には利用しやすいサービスだと言えるのかもしれません。