申し込みからお金を借りるまでの流れ

申し込みからお金を借りるまでの流れ

カードローンで、初めて利用する場合にどのような流れで契約が進んでいくのか分からないのではないでしょうか。最近では申し込みできる方法が多様化しているため、余計に流れが分かりにくくなってきているようです。

 

しかし、ネットで申し込んでも無人契約機で申し込んでも、窓口で申し込んでも基本的な流れはほぼ同じだと言えます。まず、どのような申し込み方法でも基本的な情報を必ず申込用紙やHPの申し込み欄に記入する必要があります。

 

基本情報は、氏名、年齢、生年月日、住所、年収、勤務先などが主な記載内容となります。これを虚偽なく記載して申し込みを行うわけです。この時点で虚偽の記載があり、それが分かった場合、もちろん契約は不成立となります。

 

契約自体出来ないということです。

 

もしこの時点で虚偽の記載が分からないまま契約完了し、後日虚偽が発覚した場合には、借りていたお金の一括請求やさらに重い罰則を科せられる可能性がありますから、記載内容には十分注意してください。

 

申込書を記載したらすぐに仮審査にはいります。これは申し込んだ人が過去に金融トラブルなどが無いかを調べる審査です。もしも過去にブラックリストに掲載されていたり、自己破産などを行っていれば黙っていてもこの時点で分かります。

 

仮審査がクリアできれば、身分証明書や収入証明書を提出して本審査に入ります。申し込んだ金額が少額であれば、収入証明書は必要ない場合もありますし、審査もスムーズに進みます。

 

金額が大きければ収入証明書の提出が必須となり、審査にもそれなりの時間が必要になります。消費者金融での申し込みの場合、申し込んだ金額が年収の三分の一以上だと総量規制に引っ掛かり審査を通らない可能性があります。銀行の場合は総量規制の対象外なので、よほど問題なければ審査クリアできるのではないでしょうか。

 

全ての審査が完了すれば、契約成立となりカードローンを利用できるようになります。おおまかな流れはこのようになるので、それほど難しいと言うことはありません。