専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンで!

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンで!

銀行カードローンは、銀行が取り扱っている個人向けの無担保少額融資です。

 

似た内容の商品は、他の金融機関も行っていますが、それらとは異なった特徴を持っています。特に、大きな違いとなっているのは、総量規制の対象から外れているという事です。

 

総量規制は2010年に施行された貸金業法に含まれている規則であり、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者の個人向けカードローンを対象としています。

 

総量規制は、返済が困難となり自己破産などの債務整理を行ってしまう事を防ぐ事が施行された目的です。年収の3分の1以内に借入を制限するという内容であり、安易な目的での借り過ぎを減らすための規則です。銀行カードローンは、この規則により借入を制限される事は無いので、収入を自身では得ていない専用主婦でも利用する事が出来ます。

 

幅広い層に向けられた商品であるという事が、銀行カードローンの魅力です。

 

銀行カードローンが総量規制の対象から外れているのは、銀行法という違う法律により既に規制されている事と元々安易な貸し付けを行っていない金融機関であるという事が理由です。

 

審査は貸金業者の商品よりも厳しめであり、合否が判明するまでに時間を要するという傾向です。このために、今日中にお金がほしいというケースに対しては、対応する事が出来ない可能性があります。審査の難易度が高めで時間がかかるという事が、銀行カードローンのデメリットと言えます。

 

ただし、このデメリットは悪い事だけではありません。

 

それだけ慎重に利用者を選択する事になるので、魅力的な商品を提供する事が可能となるからです。銀行カードローンは、貸金業者の商品と比較すると金利は低めであり、同じ金額を同じ期間利用する場合は返済額は少なくなります。

 

つまり、急いでいる時よりも余裕がある状態で申し込むのに向いている商品内容と言えます。

 

専業主婦にもおすすめの銀行カードローンは、銀行ごとに異なった商品内容です。このために、お牛込む前の比較検討が必要であり、有効利用が可能となります。